<防災>災害時 赤ちゃんの授乳どうすればいい? 液体ミルクを試しましたか?

 液体ミルクについて


液体ミルクが2019.3月から開始されました。2社のミルクをご紹介します。 

『グリコ』アイクレオ赤ちゃんミルク

『明治』明治ほほえみ らくらくミルク



『グリコ』アイクレオ赤ちゃんミルク
・容量:125ml
・容器:紙パック
・賞味期限:6ヶ月
・飲ませ方 
 哺乳瓶に移して湯煎してあたためる
・保存:常温で保存してください。
・乳首の取り付け:可能
 赤ちゃん本舗 チュチュ紙パック用乳首



 
『明治』明治ほほえみ らくらくミルク
・容量:240ml
・容器:缶
・賞味期限:1年
・飲ませ方
 哺乳瓶に移して湯煎してあたためる
 お湯がない場合、缶のまま、カイロなどであたためる
・温める時の禁止事項
 ✖️電子レンジによる加熱

 

✖️直火による加熱

 

✖️缶のままミルクウォーマーでの加熱
・保存
  • 高温・凍結を避け常温で保存してください。
  • 直射日光のあたるところ、火のそば、夏場の車の中などをさけて保存してください。
  • ・乳首の取り付け:可能
     ビジョンの乳首がつけられるアタッチメント付き
    ・災害時に備えて


ビジョンの乳首がつけられるアタッチメント付き





 注意事項を確認しておきましょう

  • 乳児用調製粉乳の安全な調乳、保存及び取扱いに関するガイドラインについて

厚生労働省のガイドラインでは、70度以上のお湯での調乳が定められているため、ぬるま湯などでの調乳は避けるようにしてください。
  • ちらし「液体ミルクを災害時に安全に使用するためのチェックリスト」 こちらより 
  • ちらし「コップで授乳」こちらより 
  • 漫画ちらし「どうする? 災害時の赤ちゃんの栄養」 こちらより
 

 その他

参考:災害列島NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/basic-knowledge/basic-knowledge_14.html


ポイントを押さえておきましょう
・環境
・衛生
・液体ミルクの注意点